読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と仕事と病気と、まったりとした日々

読んでる本や読んだ本の感想や病気の日々の事をのんびりと書いていきます

佐藤大輔氏が亡くなる

偉大なるウォーゲームデザイナーにして仮想戦記小説家の佐藤大輔氏が亡くなったそうです。 この方の本は10年ほど前、入院していた頃に、たまたま外出し寄ったところでレッドサンブラッククロスの文庫版全巻を販売してるのを知り買いました。 当時はまだウォ…

Panze Witch 購入

昨年放送されて珍しくハマったアニメ「終末のイゼッタ」1939年ゲルマニア帝国(現実のドイツ第3帝国)が隣国リヴォニア(ポーランド)に侵攻。テルミドール共和国(フランス共和国)とブリタニア王国(大英帝国)もゲルマニアに対して戦線布告。ヨーロッパにて大戦争…

空母決戦1942

昨年の11月頃からサイフォンのこまあぷシリーズの空母決戦1942にハマって時間あるときにちまちまとプレイしています。 これで、このこまあぷシリーズは全てプレイした事になるのですが 面白さは 空母決戦1942 総統指令 桶狭間の戦い ガザラの戦い 百年戦争 …

百年戦争 (サイフォン)

昨日iOS版が配信されたサイフォンの最新作、百年戦争。早速購入しプレイしていますが、イギリス軍だと簡単に勝てますが、フランス軍だと難しくやり応えありなかなか面白く、ウォッチモード(CPU同士の対戦を観るモード)で作戦研究をしています。時間があれば…

桶狭間の戦い 松平元康無双

戦国無双の話じゃないです。こまあぷの桶狭間の戦いの話です。たまたま最初に表になった駒が松平元康だったので、今川義元の為に京までの道を元康だけで作ってやろうじゃないか!と思ってプレイしました。次々と織田方の守備兵を血祭りに上げていく元康。こ…

桶狭間の戦いプレイ

サイフォンの桶狭間の戦い、エキスパートモード(自軍は今川家)をプレイしました。最初の数ターンはひたすら様子見です。相手にも戦力2の騎馬武者という強者がいるからです。で、一番下の砦から攻略しようと攻撃したら、まさしく砦の守備兵がその戦力2の騎馬…

桶狭間の戦い(サイフォン)

最近サイフォンのこまあぷシリーズの「桶狭間の戦い」をプレイしています。桶狭間の戦い‐Drive on Okehazama‐|サイフォン&コマンドが放つ「こまあぷ」シリーズルールはゲーム開始時は今川家は最初マップには1ユニットもなく「増援」を選ぶと右下から今川家…

ウォーゲーム日本史 ユキムラズ・ラスト・バトル 大坂夏の陣 購入

◆ウォーゲーム日本史(国際通信社) 第24号 『ユキムラズ・ラスト・バトル』ウォーゲーム日本史のユキムラズ・ラスト・バトル 大坂夏の陣を買いました。結構前から欲かったのですが、他に買いたい物があったので先延ばしにしていたら大河ドラマがいつの間に…

信玄上洛(サイフォン)西上作戦プレイ

今日は久しぶりにウォーゲームの話です。と言っても非電源系と言われるアナログゲームの方ではなく、電源系のスマホのウォーゲームです。タイトルは「信玄上洛」です。昔アナログゲームとして販売されたやつじゃなく、サイフォンというスマホでできるウォー…

楽しみだ

10月ですねー今年も残り3カ月……本当早いもんです。ウォーゲーム雑誌MW誌の最新号がイラク戦争みたいです。これは久しぶりに楽しみな作品ですな…Race to Baghdad 2003どんなゲームになるんでしょうな……ソリティアらしいですが、MW誌やW&W誌は最近ソリティアゲ…

総統指令 Unternehmen BARBAROSSA

国内で唯一頑張って、スマホアプリで本格的なウォーゲームを出し続けてくれてるサイフォン。Si-phon ¦ シミュレーションゲームのサイフォンそのメーカーの最新作「総統指令 Unternehmen BARBAROSSA」が配信されたので購入。こまあぷシリーズはガザラの戦い以…

コマンドマガジン 123号 読了

前回買ったのが、大陸打通作戦の号だから……買ったの8カ月ぶりくらいです。今号の付録はベルリンの戦いを題材にした「第三帝国最後の戦い」1ターン2週間1ヘクス約20キロ1ユニット、独軍は大隊から師団、ソ連軍は軍団1944年、ソ連は一大反攻作戦「バグラチオン…

ブーツ・オン・ザ・グラウンド

その昔、アナログゲームメーカー「天下布武」が販売したウォーゲーム界の隠れた名作?で湾岸戦争を題材にした「砂漠の嵐作戦」を手に入れました。シナリオはいくつかあり、仮想シナリオには日本やイランが参戦するシナリオもあります。日本のユニットは北海…