読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と仕事と病気と、まったりとした日々

読んでる本や読んだ本の感想や病気の日々の事をのんびりと書いていきます

イラクの将官

読書 歴史

「軍事解説 湾岸戦争イラク戦争」を読んでいたら、イラクのアルラワイ将軍(共和国防衛隊司令官)が優秀だったとの事が書いてありました。
多国籍軍の地上侵攻2日目にして、多国籍軍の迂回攻撃を察知し防御の薄いところに共和国防衛隊を数個師団送り込んだり、反斜面防御陣地でアメリカ軍に対抗しようとしたりしたとのこと。
湾岸戦争の時に共和国防衛隊司令官だったってことは、イラン・イラク戦争で武勲を上げた可能性が高い……イラン・イラク戦争の本を読む時は、この人の名前に注意して読もうと思います。
ちなみにイラク戦争の時のアメリカ軍がトランプにして配布した指名手配者リストによると14番目に重要な人物だったらしいです。
Wikipediaによると、現在はシリアで武装勢力を率いているとのことです。


軍事解説 湾岸戦争とイラク戦争 (ARIA‘DNE MILITARY)

軍事解説 湾岸戦争とイラク戦争 (ARIA‘DNE MILITARY)