読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と仕事と病気と、まったりとした日々

読んでる本や読んだ本の感想や病気の日々の事をのんびりと書いていきます

イ・イ戦争のフランス人軍事顧問団

読書 歴史
鳥井順著「イラン・イラク戦争」を読んでいたら、イラン・イラク戦争イラク軍として関与したフランス人軍事顧問団の存在が書かれていました。
それによると、83年6月にフランスとイラクの間でシュペルエタンダール戦闘爆撃機5機の貸供協定が署名され
10月、フランス軍基地を飛び、コルシカ経由で地中海に展開していた空母クレマンソーに着艦。
f:id:yugulf:20160126093823j:image
(写真はアルゼンチン軍のシュペルエタンダール)
そこで5機のシュペルエタンダールは標識をイラク軍に塗り替え、フランス軍パイロット達は制服、認識票、身分証を捨ててイラク軍としての任務についたとのことです。
参加したフランス軍パイロットは7人、シュペルエタンダールを開発したダッソー社の技術者を含めると30人近くがイラク軍として参加したそうです。

パイロット達の任務はイラク軍パイロットの訓練や偵察が主ですが、イラン軍側の攻撃する目標の選定、攻撃方法及び空中給油の場所の決定など「あらゆること」を担当したそうです。
他にもシュペルエタンダールと一緒にイラクに運ばれた物にエグゾセミサイルがありました。
f:id:yugulf:20160126093905j:image
(写真はエグゾセミサイル)
これは軍事顧問団がイラク軍に参加する前年の82年にイギリスとアルゼンチンとの間で行われたフォークランド紛争でアルゼンチン軍が使用したフランス製中距離対艦ミサイルで、イギリス海軍駆逐艦「シェフィールド」やコンテナ船「アトランティック・コンベアー」を撃沈した事で、全世界に衝撃を与えたミサイルでした。

そしてエグゾセミサイルはイランとの戦争でも使われ多大な効果を上げ、数ヶ月のフランス軍事顧問団の参戦の結果
海上の戦いで圧倒的優位に立ち、イラク軍が期待していた以上の成果を上げたとあります。
その後85年にシュペルエタンダールはフランスに戻され、代わりにミラージュF1戦闘機がイラク軍に配備され
この時もパイロットや技術者、整備士などフランス軍事顧問団は参加していたようです。

かなり本格的な顧問団で驚きました。
世界各国、東側西側問わず兵器を輸出しているフランスらしいと言えばフランスらしいと言えますが…苦笑
まさか軍事顧問団を送っていたとは……