読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と仕事と病気と、まったりとした日々

読んでる本や読んだ本の感想や病気の日々の事をのんびりと書いていきます

思い出の先生

今週のお題「思い出の先生」

これはたくさんいますな……

歴代の主治医の話は以前したので省略。

その昔……17〜8年前…小学5〜6年の時、授業嫌いで保健室登校していた頃の保健の先生(今もたまにメールでやり取りしたりしています)

その保健室登校の頃に、足の爪切るのが苦手でたまに切ってもらったり、12段ソフトクリームをご馳走して頂いた小学3年の時の担任の先生。

教室の本棚にちばてつやの漫画を置いたり、当時流行っていたハイパーヨーヨーを学校でうちのクラスだけ遊んでも良いと言ったり、休み時間に生徒とメタルギアソリッドの攻略法について話をしていた先生。

小学校の頃の先生も個性的で生徒想いの方々がたくさんいましたが、今回は病院のリハビリの先生の話をいくつか…

まずは初代のリハビリの先生の話を

最初の先生は、僕が生まれてから14〜5年ほど通った戦前からある病院。

そこが無くなり、職員さんたちが他の病院に異動したのですが主治医もそっちへ移ったので僕もそこへ診察してもらうようになった話をしたかと思うのですが

最初のリハビリの先生もその1人です。

最初に出会ったのは、僕の記憶によるとおそらく今の主治医と同じ頃だから20年ほど前になるのかな?それくらいです。

年は僕より18くらい上の女性です。

僕は2つ目の病院で大きな手術をしまして、そこからその先生に本格的にリハビリをしてもらうようになりました。

主治医もですが、この先生、正直に言いますと1番怖い…主治医よりも怖いけど、それは悪い事をした時であって普段は優しいです。

夕方に病院のリハビリ室閉めた後に、リハビリの先生方が事務室で書類しているときは、僕は先生達が帰るまでずっと一緒にこもって話をしていました。

大人になり、仕事するようになった今思うと邪魔な存在だったのは間違いないです。

お菓子を持っていくとお茶入れてくれたり、リハビリ中の運動で疲れた時に飲むお茶を先生達が使う冷蔵庫で冷やしてもらっていたりとやりたい放題でした 苦笑

その先生は事務室で「ここ私の場所だから!」みたいに、ぬいぐるみを置いておくんですよね、席を外す時

で僕は「座るところない!ぬいぐるみ邪魔!」ってぬいぐるみを勝手に移動させて席に座って他の先生と雑談したり…笑

戻ってくると当然座るところがないから、怒ったり 汗

2年ほど前に再会しましたが、お変わりなくいるようで…実は最近気づいたのですが、今現在の僕の近況は主治医を通して、そのリハビリの先生に届いてるようで……今年忙しくて年賀状をリハビリ室に出さなかったのですが、来年は出そうかな…って思ってます。

2代目のリハビリの先生は、2年ほどリハビリしてもらいました。

これが今の仕事に就く前の話なので4〜5年ほど前ですかね…

主治医がさらに病院を変わったところにいた先生で、血友病の患者を持つのは初めてだって言ってましたね。

12〜3年上の女性の先生で、その先生は僕の精神面を本当に心配してくれて、リハビリと称してほぼ毎日30分〜1時間ほど散歩しながら話を聞いてくれました。

その先生が行けない時は、他の先生……1人は同じ年齢の女性の先生でタメ口で結構雑談をしたり、当時発売したばかりの3Dで見える携帯を買ったとかで見せて操作させてもらったり、リハビリ室のPCで(本当はダメなんだろうけど)一緒に遊んでました。

もう1人は10くらい上の男性のリハビリの先生で、この人は僕が当時無職だった事をすごく心配してくれてリハビリ室のPCで僕はたまに職探しをしてました 笑

この先生との1番の思い出はリハビリと称して(笑)冬に雪かきをさせられたことです。

まさか僕は入院先で雪かきするとは思わず驚きました。

その後は温かい飲み物を買ってもらいました。

先生と言っても、皆人間ですから色んな先生がいますね。

これは僕が今まで記憶に深く残っている先生達のお話でした。

またどこかで再会したいです。